デイトレードとは


わたしたちが身近に行える投資取引の中には、人気のwww.オーストラリアハイロー.bizなどの株取引やFXなどの相場の変動を利用した投資取引があります。
相場を利用して売買を行い、そこから利益を得ていくために、相場に対する知識などが必要となりますが、取引を行う期間をわたしたち自身が決める事ができるという利点があり、例えば購入した株券などをすぐに販売することもできますし、数週間、数ヵ月、時には年単位に渡って所持をしていても問題はありません。

現在の投資取引は、安心の外為オンラインの出金でおなじみですが、インターネットなどを経由して行われることが多く、その注文も証券会社の人間を介して行うのではなく、証券会社や取引業者の持っているネットサーバーなどがその中継点となっているために、市場が開場していればいつでもどこからでも取引が行えるという状況になっています。

こうした事から、投資取引の期間も大幅に短縮され、近年ではデイトレードという投資のスタイルもすっかり一般的なものとなりました。

もっと詳しく知りたい方はハイローオーストラリアについて細かい紹介がされていますのでこちらもご覧ください。



デイトレードとは、その名の通りに投資取引を日単位で行うものになり、一日数回から十数回の投資取引を行い、その日の取引はその日のうちに終わらせるというものになります。
日にちをまたいで投資の注文を置かない、新規の注文を立てたら必ずその日のうちに決済注文を入れるというスタイルをとっており、そのほかの取引スタイルのように、その日に新規に立てた注文を、数日間にわたって保持をしたりしないのが最大の特徴になります。

こうしたデイトレードの魅力は、短期間に投資取引を繰り返して行うために、市場の相場変動に対して丁寧に対応できるため、利益を上げやすいという点があります。
株価などの取引が行われる証券取引所の株式市場には、多くの市場参加者が売買取引を行っており、これによって相場のレートが変動していきますが、このレート変動は例えば上昇方向に上がっていく場合でも、まっすぐに上昇していくわけではありません。

非常にたくさんの売買の取引が交錯しているため、相場は小さな上下動を繰り返しながら上昇方向へと行くことになっており、デイトレードであれば、この小さな上下動に対しても売買取引を入れる事が可能であるため、取引のスパンの長い投資スタイルよりも利益を生み出しやすいのです。

また、株や通貨などに対して新規注文を入れ、これを保持している間には常に相場変動によって損失を被る可能性を考えなくてはいけません。
日をまたぐ投資スタイルでは、わたしたちがねている間に相場の変動が起きて、朝になったら大きな損失をこうむっていたという事も起こり得ますが、デイトレードではこのように相場変動のリスクに常にさらされている、注文の保持時間が極めて短いために、こうしたリスクを回避することができるのです。